私の弁護士に対する憧れやイメージにつきまして

私は、弁護士の方に対して非常に、憧れることがあります。それは、リーガルハイや様々なドラマで高確率で弁護士の方が出てこられる形になるからです。弁護士の方の理想である代表の形としましたは、橋下元大阪府知事、大阪市長が挙げられますが、やはりテレビ番組としての行列のできる法律相談所で、当時橋下弁護士が茶髪の風雲児と言う形で、毎回裁判事例をこのように解決しますと言う他の弁護士の先生方に負けず劣らずと言う内容で、非常にインパクトが強い弁護士の先生であったのですが、そこから年数を経て政界に進出されて今となりましては、大阪都構想と言う形で、大阪府知事、大阪市長を歴任された後でも、特別な大阪府の弁護士の先生としての相談役として、今でも、松井知事と、大阪都構想のことで協議されたり、弁護士の先生として、大阪のコメンテーターとしても絶大なポジションの居られることは間違えないと思います。そのような中で弁護士になることができれば、まず、個人で事務所を開業できることに繋がると思いますし、その中でも注目度が高まりましたら、メディアに引っ張られると言うことも当然あると思います。そのような形で、多方面から注目される存在になることができやすい上級の職業ではないかと思っております。中にはイケメンで東大在職中に医師免許と弁護士の免許を取得してしまうと言う規格外の方も居られることから、非常に弁護士と言うポジションは世間からも先生として頼られる存在でありますので、志す方々も多い魅力的な職業の一つであると思いました。弁護士になるためには司法試験に受験し、合格しなければいけません。その司法試験は基本、法科大学院を卒業することにより、受験資格が得られるます。欧米のように市民に司法をいきわたらせるという趣旨で始まったこの制度は当初、70以上あったものの、今ではその数も半分程度に。その分、法曹を育成するための学校も洗練されているというイメージがあるかもしれないが、しかし、司法試験の合格者数は旧司法試験時代のおよそ3倍。つまり、普通であれば受からないような人も、1000人前後、現行試験では受かり、社会へと出てくることになります。そうすると、旧試験で本当に厳しい門を潜り抜けた精鋭、また、現行の試験でも上から数えたほうが早い成績を収めた人々は除き、受験勉強のみに焦点をあてて勉強してきた人々が私たちの弁護人をつとめることもありうることを意味します。受験資格を手にするために卒業することを求められる大学院を出た段階で24~25歳、そして試験を受け、さらに合格したとしても司法修習が1年。それらすべてを終え、社会に出てきた弁護士たちはおよそ20代後半まで一度として社会に出ずに答えがある勉強ばかりをしてきた人たちです。そのような人たちが、果たして私たちが困った際に頼りになるのか、といえばそれはやはり人によるのだろうと思います。
|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|サプリメント|クリニック集客ノウハウ