弁護士が身近になった過払い金返還請求!事務所を選ぶ際の注意点は!?

【弁護士が身近な存在になった!?過払い金返還請求】
「弁護士」とネットに打ち込むと、最近ではすぐに「過払い金」と出てくるほど、弁護士への相談に過払い金返還請求が増えています。
過払い金の返還請求をしようと決めた場合、自分で請求するか、専門家に頼むか、選択肢は2つに大別されます。自分ですれば、報酬金を節約できるというメリットがあります。しかし、貸金業者との交渉が難しく、希望額を返還させにくいのが最大のデメリットです。
貸金業者との交渉を代わりに行ってくれる専門家には、弁護士と司法書士がいます。過払い金の上限が決められていないのが弁護士です。司法書士は、過払い金の額が1社あたり140万円を超えるケースは受任できません。
【弁護士事務所を選ぶ際の基本的な注意点】
弁護士事務所の敷居が以前より低くなったとは言っても、やはり法律の専門家に相談するのは緊張するものです。いきなり飛び込む人は稀でしょう。電話を掛けてみるところからスタートするのが普通です。電話を掛けたら、電話に出た相手が事務員か弁護士かを確認しましょう。
事務員が応対するばかりで、弁護士につないでくれようとしない事務所は、注意が必要です。なぜなら、過払い金の返還請求の相談に乗れるのは、弁護士だからです。たとえ依頼人の話を聞くだけであっても、法律家の資格を持っていないスタッフは、本来対応してはいけないことになっています。
弁護士に代わってもらったら、「着手金」「手数料」「成功報酬」はきちんと尋ねましょう。着手金無料を謳っている事務所は、成功報酬の率を高くする設定している傾向があります。成功報酬の率を明確にしていない弁護士事務所は要注意です。