勝てない裁判は引き受けない弁護士

私の友人が、旦那と上手くいかず離婚したいという話を聞きました。
旦那さんは、子供の法律問題を任せられるここ大阪の弁護士なら愛人がいて子ども手当ても愛人とのお出かけに使ったりしていたそうです。
しかも友人に手をあげることもあったそうで子どもの目の前でそれが起こっていたというのです。
それは是非、弁護士に相談して慰謝料養育費をもらって離婚した方が良いと思いました。
しかし、早速力になって欲しいと相談をしに行った弁護士はちょっと難しいと言ったそうです。
証拠がないと、裁判になっても勝てないし話し合いにも不利だから無理そうだと引き受けてくれないのです。
確かに、友人には旦那さんに愛人がいる証拠はなく、しかも友人に暴力を振るったのも子どもの証言ではどうにもならないそうです。
また、これまでの全てについて日記を書いていた友人ですが、それもあまり役に立たないと言われてしまったそうです。
離婚ができても、子どもは友人が母として引き取りたいことや養育費、慰謝料については無理があるといい弱気な弁護士にはガッカリしました。
弱いものの味方なのだと思っていたけど、弁護士といっても確実に勝てそうだと思えないと引き受けてくれない人もいるのですね。
弁護士に頼むならば、確実な証拠をいくつか揃えてからにしないとダメなんだと友人の話で痛感しました。