弁護士事務所で相談したい時の注意点とは

弁護士には、それぞれ得意な分野があることはご存知でしょうか。事務所によっては離婚に強い所もありますし、交通事故に詳しい所もあります。子供のあの法律問題を任せられる大阪で話題の弁護士ならですから弁護士に相談する時には、どの分野に強いのかを確かめてから行くといいでしょう。たとえば離婚の相談をしたい時は、離婚に強い事務所を探してから行くようにします。どの分野が強いかは、ネットで検索することもできますし、法テラスで相談して決めることもできます。また都道府県の弁護士会に訊いてみてもいいでしょう。どの事務所に行くかを決めたら、いつ相談したいかの予約を入れるようにします。当日はその時間に遅れないようにしましょう。またこれだけは弁護士に訊きたいということや、家族構成や年収などをメモして持って行けば、効率よく相談をすることができます。弁護士事務所の場合は相談時間が決まっているので、時間内に訊きたいことをすべて訊くことができるように準備しておきましょう。もし当日行けなくなった場合は、早めにそのことを連絡しておくようにしてください。それから弁護士事務所の場合は、一般に30分間で税抜き5000円の相談料がかかります。ただし今では相談料を取らない事務所もあります。また初回のみ料金がかかる事務所や、その反対に1回だけなら料金を取らない事務所など様々です。

弁護士に対するイメージについて

弁護士に対する私のイメージは非常に合理的であり、あまり依頼人に対して感情移入されない方が多いのかなといういイメージです。
大阪でその交通事故の相談を実際に弁護士に相談した経験があるのですがその際は職場でのトラブルが原因で初めて弁護士事務所に相談しました。
相談内容については職場で上司のパワハラが横行しており、それを辞めさせたかったのですが、弁護士の方に相談したところ、弁護士の方にとっては仕事の話を振っているので積極的に話を聞いてくれるのかと思いましたが、職場でのパワハラといったケースで告訴までするケースは非常に稀であり、仮に裁判を起こして勝ったところでさして大きな金額を取れるわけでもないのでお勧めしないといった旨を理路整然と説明されました。
話を聞いている内にだんだんと弁護士を使ってまで訴えるという手段に出るのは労力の割りにはあまり報われないのかなと思い始めました。
慰謝料についても取れたとしても相場が大体十数万円であり、その後職場に居続けるのも居心地が悪くなることが多いとのことでした。
しかし全く相手にしてくれないというわけではなく、解決策として会社内にパワハラなどの相談窓口が設置していないか?とのことだったので確認すると確かに相談窓口が内部の窓口と外部の窓口にそれぞれあり、そこに相談したところ解決に導くことができました。
この経験から非常に合理的で冷静な方が弁護士に多いのかなと思った理由です。
一度利用すると敷居が下がった気がするので今後も困ったことがあれば相談してみるのも良いかなと思います。

弁護士は性格によって様々なイメージがある

私は、以前ひどいストーキングに遭っていたので、大阪で評判の弁護士阪倉篤史氏なら弁護士に何度か相談したことがあります。
2人の弁護士に相談したのですが、一人の弁護士は、30分5000円で、私がストーキングで困っていると相談したら、「証拠を出しなさい」とか言って、怖い剣幕で怒鳴ってきたので、その後は一切相談していません。
もう一人の弁護士は、規定の料金は30分5000円でしたが、2時間泣きながら相談しても、追加料金を取らずに、5000円しか請求せずに、優しく私の話を聞いてくれました。
私が当時相談したストーカーや虐めの内容は、裁判にするためには証拠取りなどが非常に難しいそうでした。
でも、2時間も話を聞いてくれた弁護士がいたから、弁護士も人それぞれで、いい人もいるんだと感じました。
このように裁判できずに慰謝料も取れなくても、親身になって相談に乗ってくれるだけでも、弁護士の存在は大切だと思います。
最近では、ストーカーやいじめの被害も、スマホでも簡単に録音したり、写真の撮影、動画の撮影ができるから、自分でも証拠集めが簡単にできる時代が到来しました。
今後また何か被害に遭ったら、弁護士に相談する時に役立つように、証拠を集めておこうと思いました。