法律を追求する研究家としての弁護士

ドラマや小説などから、困った者の味方的印象を弁護士像とするのは至極当然でしょう。そのような弁護士は心強く頼もしいものです。しかし一方で、子供の法律問題を任せられるここ大阪の弁護士ならテレビで活躍する弁護士であったり、弁護士から政治家に転身する方も数多く、その個性は様々です。その辺のどこにでもいそうなおじさんおばさんであったり、若者像がそこにあります。彼らをよくよく観察してみると中々に面白いものです。一つの条項に対する考え方や、捉え方はまちまちで、良くも悪くも人間味を感じるのです。芯が強いのか融通が利かないのか分からなくなる時すらあります。しかし彼ら言動を注視してみると、概ね彼らなりの筋があるのです。この法律の解釈はこうであるから、このように思う、と各々が口にし、それに対してまた別の弁護士はその法律の解釈は違う、など反論し合うのを見ると、彼らがどれほど法律について勉強したのかが垣間見えます。一つの法律について深く見つめ、彼らなりの答えを見つけたからこそのやり取りではないでしょうか。そこから考えるに、弁護士の多くはある物事を深く追求する研究家気質を持っている人々とも言えるのでしょう。弁護士を研究家気質を如何なく発揮し、どのように法律の知識を活かし人々に奉仕していくかを考える人々、と捉えるのであれば、タレントやコメンテーター、政治家転身も頷けるものです。

高価なものを壊してしまった際の弁償費用の相談ができる

弁護士のイメージとしては何か高価なものを破壊して損壊させてしまった際、その弁償にかかる費用を相談できるというイメージがあり、実際、大阪でその交通事故の相談を悩み相談として利用したことがあります。これは、高級車の弁償費用の件で相談をしたことがありまして、相手側の態度が高圧的、かつどう考えても弁償費用が高いということで相談をさせていただき解決したことがあります。この弁償費用ですが、実は車などの場合弁償に充てられる費用というものが決まっています。私の場合、車を傷つけただけですので塗装代金のみの支払いとなり、相手側の不注意で実は相手が原因で起きた事故で私の自転車が当たり傷がついたということがのちに判明したため、支払い義務もなくなりました。このように高価なものを何らかが原因で損壊させてしまった場合、弁護士さんの仕事として弁償費用の計算をしてもらうことができます。もちろんその際に、実はこちら側に過失がなかったことが証明された場合、支払いの義務はなくなり、逆に相手側が悪いんじゃあないか、訴えてやるということも可能になります。ただし、それをして意味があるかどうかも未知数で、相談費用が無料ではない事件の可能性に発展するため訴えた場合、裁判で負ければ裁判費用はこちらも地になりますのでどうするかは自分次第です。

弁護士事務所で相談したい時の注意点とは

弁護士には、それぞれ得意な分野があることはご存知でしょうか。事務所によっては離婚に強い所もありますし、交通事故に詳しい所もあります。子供のあの法律問題を任せられる大阪で話題の弁護士ならですから弁護士に相談する時には、どの分野に強いのかを確かめてから行くといいでしょう。たとえば離婚の相談をしたい時は、離婚に強い事務所を探してから行くようにします。どの分野が強いかは、ネットで検索することもできますし、法テラスで相談して決めることもできます。また都道府県の弁護士会に訊いてみてもいいでしょう。どの事務所に行くかを決めたら、いつ相談したいかの予約を入れるようにします。当日はその時間に遅れないようにしましょう。またこれだけは弁護士に訊きたいということや、家族構成や年収などをメモして持って行けば、効率よく相談をすることができます。弁護士事務所の場合は相談時間が決まっているので、時間内に訊きたいことをすべて訊くことができるように準備しておきましょう。もし当日行けなくなった場合は、早めにそのことを連絡しておくようにしてください。それから弁護士事務所の場合は、一般に30分間で税抜き5000円の相談料がかかります。ただし今では相談料を取らない事務所もあります。また初回のみ料金がかかる事務所や、その反対に1回だけなら料金を取らない事務所など様々です。

弁護士に対するイメージについて

弁護士に対する私のイメージは非常に合理的であり、あまり依頼人に対して感情移入されない方が多いのかなといういイメージです。
大阪でその交通事故の相談を実際に弁護士に相談した経験があるのですがその際は職場でのトラブルが原因で初めて弁護士事務所に相談しました。
相談内容については職場で上司のパワハラが横行しており、それを辞めさせたかったのですが、弁護士の方に相談したところ、弁護士の方にとっては仕事の話を振っているので積極的に話を聞いてくれるのかと思いましたが、職場でのパワハラといったケースで告訴までするケースは非常に稀であり、仮に裁判を起こして勝ったところでさして大きな金額を取れるわけでもないのでお勧めしないといった旨を理路整然と説明されました。
話を聞いている内にだんだんと弁護士を使ってまで訴えるという手段に出るのは労力の割りにはあまり報われないのかなと思い始めました。
慰謝料についても取れたとしても相場が大体十数万円であり、その後職場に居続けるのも居心地が悪くなることが多いとのことでした。
しかし全く相手にしてくれないというわけではなく、解決策として会社内にパワハラなどの相談窓口が設置していないか?とのことだったので確認すると確かに相談窓口が内部の窓口と外部の窓口にそれぞれあり、そこに相談したところ解決に導くことができました。
この経験から非常に合理的で冷静な方が弁護士に多いのかなと思った理由です。
一度利用すると敷居が下がった気がするので今後も困ったことがあれば相談してみるのも良いかなと思います。

弁護士は性格によって様々なイメージがある

私は、以前ひどいストーキングに遭っていたので、大阪で評判の弁護士阪倉篤史氏なら弁護士に何度か相談したことがあります。
2人の弁護士に相談したのですが、一人の弁護士は、30分5000円で、私がストーキングで困っていると相談したら、「証拠を出しなさい」とか言って、怖い剣幕で怒鳴ってきたので、その後は一切相談していません。
もう一人の弁護士は、規定の料金は30分5000円でしたが、2時間泣きながら相談しても、追加料金を取らずに、5000円しか請求せずに、優しく私の話を聞いてくれました。
私が当時相談したストーカーや虐めの内容は、裁判にするためには証拠取りなどが非常に難しいそうでした。
でも、2時間も話を聞いてくれた弁護士がいたから、弁護士も人それぞれで、いい人もいるんだと感じました。
このように裁判できずに慰謝料も取れなくても、親身になって相談に乗ってくれるだけでも、弁護士の存在は大切だと思います。
最近では、ストーカーやいじめの被害も、スマホでも簡単に録音したり、写真の撮影、動画の撮影ができるから、自分でも証拠集めが簡単にできる時代が到来しました。
今後また何か被害に遭ったら、弁護士に相談する時に役立つように、証拠を集めておこうと思いました。

異議あり!!テレビや漫画から感じる弁護士のイメージ

 弁護士とは法律関係のスペシャリストであり、私たちが法律関係のトラブルを抱えたときに頼る頼もしい存在です。近頃は、テレビや漫画でも取り上げられるようになり、大阪で評判の弁護士阪倉篤史氏なら安心してその存在をしらないという人はあまりいないのではないでしょうか。
 そんな多くの人が知っている弁護士ですが、皆さんはどういったイメージを持つでしょうか?
 華麗にトラブルに巻き込まれた夫婦を助けたかと思えば、賄賂を受け取り、にやりと悪い顔をしたりする。あるいは、人情に厚く困っている依頼者を見捨てない・・・。
 このように弁護士は正義のヒーローのようなイメージのもあれば、こちらが眉をしかめたくなるような悪いイメージまで様々なイメージを持つのではないでしょうか。
 私自身、ドラマやお茶の間に登場する弁護士の人たちを見ていると、お金に汚い人もいれば、真摯に向き合ってくれるいい人もいるんだなと感じています。
 また、弁護士は必死に難しい法律の勉強をし、狭き門である国家試験の司法試験を合格したとてつもないエリートであると同時に、まじめで努力家というイメージも持ちます。だからこそ、弁護士のことを「先生」というふうに呼ぶ人もいるのでしょう。
 私自身は一度も弁護士に会ったことはないのですが、テレビや漫画から、様々な弁護士のイメージを持っています。
 このように、弁護士と実際に会ったことのない人でもテレビや漫画を通じ、弁護士に様々なイメージを抱いていませんか?ぜひ自分が弁護士に対してどういったイメージをもっているのか考えてみるのも面白いかもしれません。

弁護士も結局人による、どの先生を選ぶかが大事

わたしは子供の頃、親が弁護士に相談があるとのことで、一緒に付いて行ったことがあります。
その時は親も弁護士に相談するのは初めてだったので、口コミで少年事件をここ大阪で相談できる無料で相談に乗ってくれるところに行きました。
そこは相談時間が決まっていて、その時間内に相談してできるだけの回答をもらうと言った感じでした。
そこでの弁護士の人について思ったことは、わたしは子供だったので内容は分からずにいたのですが、とても親身に話を聞いてくれていて、共感もしてくれていたイメージでした。
なぜなら、相談していた母が泣いていたからです。
今思えば、無料での相談でそこまで心情まで察して相談に乗ってくれるというのはとても親切だと思います。
恐らく相談者はお金を払っていなくても、会社からは出ているとは思いますが、色々な人の話を聞いているとある程度聞き流してしまいそうだと思うけど、そうではないのが弁護士は法律のプロでもあるけど人の話を聞くプロでもあると思いました。
その後、わたしが成人して、また親が弁護士に相談があるとの事で、同じく無料相談にまず行きました。
その時はわたしも大人だったのである程度理解できたのですが、その時の弁護士の方は前の人とは多分違っていて、素人でも考えたら分かるようなことを淡々と答えていって、制限時間が終わってしまいました。
わたしは弁護士は結局人によるので、何かあった時はどの先生に頼るかはしっかり考えないといけないと思いました。

教育者としての弁護士

大学で法学を専攻していた自分にとっては、様々な方が想像される「法律の専門家」としての弁護士よりも、「法に関する講義を行っている人々」のイメージが強くあります。
実際、話題の弁護士ではその肥後橋付近の法学の講師や教授として教鞭を執られている方には弁護士資格を持っていたり、過去に検察官や裁判官といった司法に携わる仕事に就いていた方が数多くいます。
私が毎週熱心に受講していた刑法や刑事法に関する講義を行っていた先生も、かつて検察官として司法の最前線に立ち、現役の弁護士として活躍されている方でした。
講義では当事のニュースなどで話題になっている刑事事件をテーマに、裁判でどのような手続きが必要になるか、現行法ではどういった量刑が妥当か、裁判の争点となる刑法の解釈論はどのようなものかなど解説がなされ、法というものが自分たちの周囲にどのように関わってくるのかを生々しく感じながら学べたという記憶があります。
その中で、株式会社ミドリ十字による薬害エイズ事件がテーマとなった際、苦々しい表情とともに先生の発した言葉が今でも記憶に残っています。
「事件から時間が経過しすぎて、重要な被告人が老衰で死んでしまう可能性が出てきた。被告人が死んでしまっては、正しい真相究明がなにひとつできない。今の裁判制度では間に合わなくなってしまうかもしれない」
先生は検察官時代、日本国内でも非常に有名な汚職事件を担当していたのですが、裁判の前に被疑者が病死した結果、真相が究明されないままになってしまったことを時折悔いているようでした。
弁護士も特別な存在ではなく、仕事の中で強い悔いを残したりもする、そんな普通の人間なのだと、痛感した出来事でした。

勝てない裁判は引き受けない弁護士

私の友人が、旦那と上手くいかず離婚したいという話を聞きました。
旦那さんは、子供の法律問題を任せられるここ大阪の弁護士なら愛人がいて子ども手当ても愛人とのお出かけに使ったりしていたそうです。
しかも友人に手をあげることもあったそうで子どもの目の前でそれが起こっていたというのです。
それは是非、弁護士に相談して慰謝料養育費をもらって離婚した方が良いと思いました。
しかし、早速力になって欲しいと相談をしに行った弁護士はちょっと難しいと言ったそうです。
証拠がないと、裁判になっても勝てないし話し合いにも不利だから無理そうだと引き受けてくれないのです。
確かに、友人には旦那さんに愛人がいる証拠はなく、しかも友人に暴力を振るったのも子どもの証言ではどうにもならないそうです。
また、これまでの全てについて日記を書いていた友人ですが、それもあまり役に立たないと言われてしまったそうです。
離婚ができても、子どもは友人が母として引き取りたいことや養育費、慰謝料については無理があるといい弱気な弁護士にはガッカリしました。
弱いものの味方なのだと思っていたけど、弁護士といっても確実に勝てそうだと思えないと引き受けてくれない人もいるのですね。
弁護士に頼むならば、確実な証拠をいくつか揃えてからにしないとダメなんだと友人の話で痛感しました。

困った時に無料で相談が出来る

普段の生活では弁護士の存在はあまり身近には感じづらいものですが、法律の問題は意外に多く、そういった場合には法律による問題は専門家である弁護士に相談する事になります 子供の法律問題を任せられる大阪の弁護士とすればどの法律を専門に取り扱っているかを調べた上で窓口に連絡することになりますが、「弁護士に相談」というと「高額な費用がかかる」という事が最も多いイメージです そういった法律による相談を無料でメールや電話での相談が出来る窓口が用意されているのは珍しくなくなっており「どうしたらいいか」という事を気軽に相談しやすくなっています 身近なものでは債務整理や過払い請求の様なお金に関係する事や離婚による問題等、生活に関する事を始め、職場によるパワーハラスメントや不当な解雇等、仕事に関する多くのケースで相談が可能になっています また薬害問題等、国家による問題は極めて珍しいケースですが、近年ではTV等で相談窓口のCMが放送されている事もあって、無料相談窓口の存在が広く知られる様になっています 例として薬害によるB・C型肝炎の問題等が挙げられます こういったケースでは個人では非常に難しい問題の為、無料による相談窓口が用意されているのは心強いサービスといえます