弁護士も結局人による、どの先生を選ぶかが大事

わたしは子供の頃、親が弁護士に相談があるとのことで、一緒に付いて行ったことがあります。
その時は親も弁護士に相談するのは初めてだったので、口コミで少年事件をここ大阪で相談できる無料で相談に乗ってくれるところに行きました。
そこは相談時間が決まっていて、その時間内に相談してできるだけの回答をもらうと言った感じでした。
そこでの弁護士の人について思ったことは、わたしは子供だったので内容は分からずにいたのですが、とても親身に話を聞いてくれていて、共感もしてくれていたイメージでした。
なぜなら、相談していた母が泣いていたからです。
今思えば、無料での相談でそこまで心情まで察して相談に乗ってくれるというのはとても親切だと思います。
恐らく相談者はお金を払っていなくても、会社からは出ているとは思いますが、色々な人の話を聞いているとある程度聞き流してしまいそうだと思うけど、そうではないのが弁護士は法律のプロでもあるけど人の話を聞くプロでもあると思いました。
その後、わたしが成人して、また親が弁護士に相談があるとの事で、同じく無料相談にまず行きました。
その時はわたしも大人だったのである程度理解できたのですが、その時の弁護士の方は前の人とは多分違っていて、素人でも考えたら分かるようなことを淡々と答えていって、制限時間が終わってしまいました。
わたしは弁護士は結局人によるので、何かあった時はどの先生に頼るかはしっかり考えないといけないと思いました。

教育者としての弁護士

大学で法学を専攻していた自分にとっては、様々な方が想像される「法律の専門家」としての弁護士よりも、「法に関する講義を行っている人々」のイメージが強くあります。
実際、話題の弁護士ではその肥後橋付近の法学の講師や教授として教鞭を執られている方には弁護士資格を持っていたり、過去に検察官や裁判官といった司法に携わる仕事に就いていた方が数多くいます。
私が毎週熱心に受講していた刑法や刑事法に関する講義を行っていた先生も、かつて検察官として司法の最前線に立ち、現役の弁護士として活躍されている方でした。
講義では当事のニュースなどで話題になっている刑事事件をテーマに、裁判でどのような手続きが必要になるか、現行法ではどういった量刑が妥当か、裁判の争点となる刑法の解釈論はどのようなものかなど解説がなされ、法というものが自分たちの周囲にどのように関わってくるのかを生々しく感じながら学べたという記憶があります。
その中で、株式会社ミドリ十字による薬害エイズ事件がテーマとなった際、苦々しい表情とともに先生の発した言葉が今でも記憶に残っています。
「事件から時間が経過しすぎて、重要な被告人が老衰で死んでしまう可能性が出てきた。被告人が死んでしまっては、正しい真相究明がなにひとつできない。今の裁判制度では間に合わなくなってしまうかもしれない」
先生は検察官時代、日本国内でも非常に有名な汚職事件を担当していたのですが、裁判の前に被疑者が病死した結果、真相が究明されないままになってしまったことを時折悔いているようでした。
弁護士も特別な存在ではなく、仕事の中で強い悔いを残したりもする、そんな普通の人間なのだと、痛感した出来事でした。

勝てない裁判は引き受けない弁護士

私の友人が、旦那と上手くいかず離婚したいという話を聞きました。
旦那さんは、子供の法律問題を任せられるここ大阪の弁護士なら愛人がいて子ども手当ても愛人とのお出かけに使ったりしていたそうです。
しかも友人に手をあげることもあったそうで子どもの目の前でそれが起こっていたというのです。
それは是非、弁護士に相談して慰謝料養育費をもらって離婚した方が良いと思いました。
しかし、早速力になって欲しいと相談をしに行った弁護士はちょっと難しいと言ったそうです。
証拠がないと、裁判になっても勝てないし話し合いにも不利だから無理そうだと引き受けてくれないのです。
確かに、友人には旦那さんに愛人がいる証拠はなく、しかも友人に暴力を振るったのも子どもの証言ではどうにもならないそうです。
また、これまでの全てについて日記を書いていた友人ですが、それもあまり役に立たないと言われてしまったそうです。
離婚ができても、子どもは友人が母として引き取りたいことや養育費、慰謝料については無理があるといい弱気な弁護士にはガッカリしました。
弱いものの味方なのだと思っていたけど、弁護士といっても確実に勝てそうだと思えないと引き受けてくれない人もいるのですね。
弁護士に頼むならば、確実な証拠をいくつか揃えてからにしないとダメなんだと友人の話で痛感しました。

困った時に無料で相談が出来る

普段の生活では弁護士の存在はあまり身近には感じづらいものですが、法律の問題は意外に多く、そういった場合には法律による問題は専門家である弁護士に相談する事になります 子供の法律問題を任せられる大阪の弁護士とすればどの法律を専門に取り扱っているかを調べた上で窓口に連絡することになりますが、「弁護士に相談」というと「高額な費用がかかる」という事が最も多いイメージです そういった法律による相談を無料でメールや電話での相談が出来る窓口が用意されているのは珍しくなくなっており「どうしたらいいか」という事を気軽に相談しやすくなっています 身近なものでは債務整理や過払い請求の様なお金に関係する事や離婚による問題等、生活に関する事を始め、職場によるパワーハラスメントや不当な解雇等、仕事に関する多くのケースで相談が可能になっています また薬害問題等、国家による問題は極めて珍しいケースですが、近年ではTV等で相談窓口のCMが放送されている事もあって、無料相談窓口の存在が広く知られる様になっています 例として薬害によるB・C型肝炎の問題等が挙げられます こういったケースでは個人では非常に難しい問題の為、無料による相談窓口が用意されているのは心強いサービスといえます

弁護士が身近になった過払い金返還請求!事務所を選ぶ際の注意点は!?

【弁護士が身近な存在になった!?過払い金返還請求】
「弁護士」とネットに打ち込むと、大阪で評判の弁護士阪倉篤史氏なら最近ではすぐに「過払い金」と出てくるほど、弁護士への相談に過払い金返還請求が増えています。
過払い金の返還請求をしようと決めた場合、自分で請求するか、専門家に頼むか、選択肢は2つに大別されます。自分ですれば、報酬金を節約できるというメリットがあります。しかし、貸金業者との交渉が難しく、希望額を返還させにくいのが最大のデメリットです。
貸金業者との交渉を代わりに行ってくれる専門家には、弁護士と司法書士がいます。過払い金の上限が決められていないのが弁護士です。司法書士は、過払い金の額が1社あたり140万円を超えるケースは受任できません。
【弁護士事務所を選ぶ際の基本的な注意点】
弁護士事務所の敷居が以前より低くなったとは言っても、やはり法律の専門家に相談するのは緊張するものです。いきなり飛び込む人は稀でしょう。電話を掛けてみるところからスタートするのが普通です。電話を掛けたら、電話に出た相手が事務員か弁護士かを確認しましょう。
事務員が応対するばかりで、弁護士につないでくれようとしない事務所は、注意が必要です。なぜなら、過払い金の返還請求の相談に乗れるのは、弁護士だからです。たとえ依頼人の話を聞くだけであっても、法律家の資格を持っていないスタッフは、本来対応してはいけないことになっています。
弁護士に代わってもらったら、「着手金」「手数料」「成功報酬」はきちんと尋ねましょう。着手金無料を謳っている事務所は、成功報酬の率を高くする設定している傾向があります。成功報酬の率を明確にしていない弁護士事務所は要注意です。

気を付けるべき高い弁護士

弁護士の中には、一般的な民事で生計を立て、空いた時間で社会的意義の高い仕事を無償で行う「手弁当弁護士」が存在しますが、そうした良心的な弁護士はむしろ一握りの少数派であり、子供の法律問題を安心して任せられる大阪の弁護士なら中には高額な報酬を目当てに活動する弁護士も少なからず存在します。50代以上の人の中の多くには「弁護士=がめつい」というイメージを持つ人もいます。私は2019年時点で28歳ですが、そんな私も「弁護士=がめつい」というイメージを持つその1人です。費用が高い弁護士を見分ける方法として、その弁護士が所属する法律事務所が24時間営業であるかどうかというチェックポイントがあります。実は弁護士事務所における24時間営業というのは依頼者を思って行っているものではなく、弁護士事務所が報酬を釣り上げるための口実として掲げているに過ぎません。「24時間営業だからその分だけ人件費がかかります」というロジックである訳です。実際のところ、余程の緊急時である場合や相当に非常識な人である場合を除いて、深夜に弁護士事務所へ連絡を入れることは全くと言って良いほどありません。また、弁護士事務所側としても深夜に安定して問い合わせに応じることができるとは限りません。これこそが、私が「弁護士=がめつい」と思う理由を説明しています。

お堅いイメージの職業こそ夜は、、、

これは私の勝手なイメージ全てを書かせて頂きます。口コミで少年事件をここ大阪で相談できる弁護士と聞くと、法律にガチガチに縛られた生活を普段も送っていて、ビシッとスーツを着て仕事一筋という印象をお持ちの方は私だけではないと思います。実際、テレビのニュースで性犯罪などを犯してしまっているのはお堅い職業の方が目立ちませんか。やはり、普段かた窮屈な服装で窮屈な仕事内容で、さらには世間から「真面目」「世間に為に」などという目線で見られていると思うと、どこかで全てを脱ぎ捨てる時間が必ず必要になってくると思うんです。そこをプライベートでうまく発散できない人が犯罪に走ってまで発散しようとしてしまうんですよね。知り合いの夜の接客の仕事をしている人に聞いた事があります。明らかにチャラそうな人はほぼほぼ来ないと。大概がスーツ系のいかにも来ないだろうという人が来るのだそうです。職業を聞くと、弁護士・警察・公務員などなど。やはり普段のストレスを抱えながら、周りからも見られる職業というのは夜くらいははっちゃけたいんですね。誰でもそんな時はあると思います。弁護士も一人の人間だという事を皆さんは誤解しないようにして欲しいですよね。勝手なイメージだけで物事を決めてしまわないようにしましょう。

過払い金があるのかを調べてもらうために弁護士さんと話しました

とても雪が降っているときに、自宅まで弁護士さんに来てもらいました。それまでキャッシングで借りていた分で過払い金が発生していないかを調べてもらうためです。話題の弁護士ではその肥後橋付近の弁護士さんというと特別な感じがしますが、とても親切で話しやすい人でした。説明も専門用語ではなく、自分の分かる言葉で、分かりやすく説明をしてくれました。事細かに情報を取得することをして、1時間半くらいの面談が終わりました。結果がその後送られてきて、過払い金は無かったということでした。あれほどにも、丁寧に話を聞いてくれたのに、過払い金が無かったのは申し訳ないなと思いました。それから、弁護士さんのように、論理的で、人に新設になれる仕事がしたいなと思うようになりました。自分が弁護士になるということは無いですが、それくらい魅力を感じました。弁護士という仕事は、本当に人のためになるために仕事をしているのだなと感じることができました。あんなにも雪が降っている中、訪れてくれたことに感謝をしています。そして、過払い金があるかもしれないということで、細かく情報を聞いてくれたことにも感謝をします。弁護士さんという職業の人と会ったのは、このときくらいで、後はテレビのドラマの中の世界くらいですが、とても親切な人ということは分かりました。

弁護士さんは到底身近な存在とはいえません

弁護士さんと聞くと、雲の上の人、というイメージがあります。実際、周りにそういった人がいない、ということもそのようなイメージを抱く要因のひとつになっているのかもしれません。相談できるなら大阪で法律問題を法科大学院ができて、弁護士さんの資格取得が以前ほど難しいものではなくなった、ということもあるかもしれませんが、それでも、ごく普通の人がとれる資格ではない、という思いがあります。司法浪人という言葉もよく耳にしますから。そのような難しい弁護士資格を取得した人というのは、やはり身近な存在とは思えません。やはり、テレビドラマや映画の中にいる人、そこで、金色の弁護士バッジをつけて、スーツをバリっときて、難しい法律の話を、理路整然として、相手を落とし込めていく人であり、そのような場面を実際の生活で見ることもないわけですから、到底身近な存在と思えないのではないかと思います。加えて、高収入ということからも身近な存在とは思えないのかもしれません。弁護士さんは多額の報酬を得て、リッチな生活をしている人というイメージがありますので、庶民である私にとっては、あこがれる金持ちというような思いで見てしまうのかもしれません。現実の生活がどうであるのか、身近に弁護士さんがいないから、よくわかりませんけど、少数しかなれない職業であることを考えると、高収入を得ているリッチな人なのだろうと思います。

弁護士を利用してイメージが変わったエピソード

弁護士を利用したきっかけは、たまたまラジオを聞いていて弁護士では肥後橋付近の過払金についての事を紹介していた事です。数年前にお金に困って消費者金融を利用していた事があったので、もしかしたら過払金があるかもしれないという気持ちで電話する事がキッカケでした。過払金があったらいいなという気持ちで連絡してから弁護士に借り入れ時期や金額などを詳しく聞かれました。弁護士に対して良いイメージがなかった私は、心から信用せずに少し抵抗気味に話しを聞いていました。ですが、対応してくれた弁護士はしっかり話を聞いてくれて、私が分かるまで過払金に関しての説明をしてくれました。その弁護士の対応を見てから、私自身の弁護士に対するイメージが大きく変わりました。丁寧に対応してくれたおかげかわかりませんが、少しながら過払金もありお金を取り戻せる事が出来ました。自分の人生の中で、弁護士を利用する機会はないと思いましたが、気軽に依頼できるものというのを利用して初めて知る事が出来ました。たまたまラジオを聞いていてよかったと今では思います。私の場合には過払金請求で利用しましたが、さまざまなシーンで気軽に利用できる弁護士を利用してみてはいかがでしょうか。