高価なものを壊してしまった際の弁償費用の相談ができる

弁護士のイメージとしては何か高価なものを破壊して損壊させてしまった際、その弁償にかかる費用を相談できるというイメージがあり、実際、大阪でその交通事故の相談を悩み相談として利用したことがあります。これは、高級車の弁償費用の件で相談をしたことがありまして、相手側の態度が高圧的、かつどう考えても弁償費用が高いということで相談をさせていただき解決したことがあります。この弁償費用ですが、実は車などの場合弁償に充てられる費用というものが決まっています。私の場合、車を傷つけただけですので塗装代金のみの支払いとなり、相手側の不注意で実は相手が原因で起きた事故で私の自転車が当たり傷がついたということがのちに判明したため、支払い義務もなくなりました。このように高価なものを何らかが原因で損壊させてしまった場合、弁護士さんの仕事として弁償費用の計算をしてもらうことができます。もちろんその際に、実はこちら側に過失がなかったことが証明された場合、支払いの義務はなくなり、逆に相手側が悪いんじゃあないか、訴えてやるということも可能になります。ただし、それをして意味があるかどうかも未知数で、相談費用が無料ではない事件の可能性に発展するため訴えた場合、裁判で負ければ裁判費用はこちらも地になりますのでどうするかは自分次第です。