非常に難しい法曹である弁護士の試験内容等につきまして

最近では、極稀に、東大生で現役で司法試験に合格される方も中には居られるのですが、現役で合格できる方は数%であると言う非常に難関な試験であります。東大医学部に所属されておられる方で、イケメンで容姿端麗で更に、医師免許とと司法試験にWで合格すると言う快挙成し遂げられた青年の方が居られたのですが、メディアでも取り上げられるスーパーボーイと言う形で、一時期非常に脚光を浴びておりました。なぜその方が、医師の免許と司法試験をWで取得されようと思ったのか?と言う経緯につきましては、医師でも、法律のことが絡むことがあり、それが分からないが故に患者さんに十分なフォローをすることができなかったと言う先輩方の体験談を多く聞いてきましたので、私自身が司法試験に合格して、より法的なことでも悩まれている患者さんに対して、フォロー的な部分でより患者さんと真摯に向き合うことができると言う内容で、そのコメントを私自身が聞いてた時に「こんな素晴らしい方が医学界に居られるんだ」と言う印象でありました。ただでさえ、医師免許を取得するのが難しい状況である業界で更に、弁護士の資格であります司法試験にも現役で合格できることは非常に素晴らしいことであると思いました。